筋トレは焦って無理しない。

こんにちは!

糖質ダイエットは、急激にやりすぎるとあっという間に筋肉がなくなります。

糖質ダイエットをしていく中で、気づいたら食事の量が減っている。ということが起きます。

そうなると、基礎代謝が落ちて痩せにくい体になっていしまいます。

そこで、必要になってくるのはタンパク質に筋トレなどの運動。

 

 

ついつい激しい運動を想像してしまう。

 

糖質制限ダイエットと聞いて、私たち一般人がついつい想像してしまうのが、TVで見るような激しい運動だと思いがちです。

テレビでもよく見ますよね。。

しかし、そこまで激しい運動をする必要はありません。

そもそもトレーナーもなしに、ダイエットをしようとしている人間があそこまで激しい運動は不可能に近いです。

それでころか、いきなり限界ギリギリまでの運動をしてしまうと、運動が辛く感じてしまい、ダイエット自体辞めてしまうケースが多いです。

確かに筋トレも大事ですが、それよりも続けれるペースを保つことが一番大事です。

 

運動を続けるコツ

運動を続けるコツは、限界から7割の筋トレがいいと思います。

それでもキツかったら、5~6割の力でもいいとは思います。

そのうち筋トレが出来る量も増えてくるはずです。

最低でも半分以上の力は出してほしいです。

それでも続けられないなら、続けられそうな範囲で筋トレを行います。

 

とりあえず一番大事なのは、続けることです。

どんなにやる気を出しても続けることが出来なければ意味がありません。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です